名古屋コーチンの特徴と仕入れる時のポイント

名古屋コーチンといえばブランド鶏としても広く知られていますが、名古屋コーチンとは一体どのような鶏のことを指すのでしょうか。そこで今回は名古屋コーチンの特徴について詳しくみていくとともに実際に仕入れを行う際のポイントなどについても触れていきたいと思います。
名古屋コーチンは日本三大地鶏の一つに数えられ、その品質の高さは多くの人からの支持をえているブランドです。ちなみに日本三大地鶏の他のものは、鹿児島の薩摩鶏と秋田の比内鶏となります。地鶏の定義は、「日本在来種の純系もしくは在来種であって、その血液率が50パーセント以上の品種」のものを指します。その他にも、飼育期間が80日以上あり、28日以上は平飼い飼育していることや、1平方メートル当たり、10羽以下で飼育するという条件もしっかりと定められているのもその特徴です。
名古屋コーチンの体は見た目が黄褐色であるのが一般的で、眼は赤栗色となり、くちばしは淡黄褐色です。また、脚は鉛色となっています。オスとメスには外見に違いがあります。オスの羽色は赤味がかかっており、翼の下半分と尾羽は緑黒色出る一方、メスはほとんどが淡い黄褐色となっています。また、メスには尾羽の先端が黒くなっているものもあります。性格は穏やかな品種であり、飼育時にも人に危害を加える用なことはまれで、飼育のしやすさの面でも非常に優れているということもできます。
実際に食べてみたときの特徴としては、まず感じるのはその歯ごたえだと思います。自薦環境に近い状態でしっかりと運動をしているため、その身は引き締まり弾力があります。噛めば噛むほどに鳥の旨みを感じることができるのはこの鶏のおおきな特徴とも言えます。肉質は赤みがかっており、脂身にもくさみがなく良い香りがします。肉汁を多く含み、鶏肉に合うパサパサした感じが殆どないのも名古屋コーチンの人気のわけかもしれません。名古屋コーチンには卵用と肉用の2種類がありますが、卵用に飼育されている名古屋コーチンは年間で250個前後の卵を産むのが不通です。小さめの卵ではありますが、その分卵黄の色は濃く味にとても深みがあるのも特徴になっています。
仕入れをするときのポイントですが、安心して召し上がりたいのであれば、抗生物質などの添加物は含まれていないものを選ぶのも一つの方法です。業者の中には、添加物に関しての情報開示に積極的なところもありますので、そのような業者から仕入れることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です