白金豚の特徴と仕入れる時のポイント

岩手県花巻市に本社を置く、高源精麦 株式会社によって生産、管理、出荷が行われている食肉に白金豚があります。白金豚は日本におけるブランド豚であり、別名プラチナポークとも呼ばれ、高源精麦 株式会社では1997年(平成9年)より地域発のブランドポークとして生産を開始しています。白金豚などのブランド豚も食材仕入れサイトを使うと仕入れが楽です。
白金豚の特徴は、まず1つにLWBと呼ばれる三種の血統の混じった豚となっている点があり、母親にLWと呼ばれるランドレースと大ヨークシャーの混血種を持ち、父親にバークシャー豚を持っています。2つ目の特徴としては、繁殖力の強さ、体力の強さがあり、個々での特徴は母豚の長所を受け継いだものとなっています。一方、父豚から受け継いだ特徴としては、脂肪の厚さと旨みの多さがあり、食感的には、スッキリとしたヘルシー感と豊かな旨みがあります。
白金豚は、他の一般豚と比べて体格が小さいという特徴があり、小さな体格に体重を乗せるための飼育が行われているために、その分、脂身が厚くなっています。白金豚の特徴には、脂身に旨みをしっかりとのっていることがあり、美味しい豚肉に仕上げられています。
高源精麦 株式会社では、現在、常時6,000頭の豚を一括管理するシステムを設けています。ここでは、豚に最適な環境が整えられ、特徴として、2つの農場を設けることで、受胎・出産が行われる分娩舎と、離乳期の子供だけを育てる離乳舎を離して離して育てていることがあります。
白金豚の仕入れのポイントは、まず、白金豚はレストラン専用の肉となっているために、原則として他での小売が行われていません。そのために、正規な仕入れ先としては直売店となる「たかげん食販」を利用することになり、一般的な購入に関しては、アンテナショップや通販サイトからも購入ができるようになっています。
「たかげん食販」は白金豚の販売部門として設けてあり、ここでは、精肉、食肉加工品の取扱いを行っています。小売から食肉卸、土産品、産地直送、全国地方発送、贈答品等に対応をしており、新鮮な食材を購入することができます。
ネット通販に関しては、「たかげん食販」のHPでは、現在2つのサイトが記載されており、一般購入者用に手軽な価格で商品が提供されています。例えば、1つのサイトでは、購入に関しては、代金引換、クレジットカードで行うことができ、送料は全て無料となっています。もう1つのサイトでは、支払に銀行振込が利用できるようになっており、購入者は自分に合った方法を選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です