知床どりの特徴と仕入れる時のポイント

現在、日本全国各地には色々な特徴を持った銘柄鶏が飼育されています。
その特徴を良く理解し、使う料理や食べ方などに合った銘柄鶏を選ぶと良いでしょう。
多数存在するブランド鶏の中で、北海道で飼養されているブランドの銘柄鶏といえば知床どりもその一つです。
日本ハムグループ直営となる日本ハムホワイトファーム株式会社が生産しています。
知床半島を間近にのぞむという流氷の地で育つという北海道らしさ溢れる鶏肉となっています。
知床どりの特徴として、植物性の飼料を与えて育てている為に鶏肉独特の臭みが少ない事が挙げられます。
飼育に使われる飼料には北海道産の小麦や海藻粉末などが配合されており、まさに大自然の北海道の恵みを食べて育った鶏肉と言えるのが知床どりの特徴となります。
鶏肉が苦手な人の中には、鶏肉独特の臭みが気になるという人も多いです。
その点、知床どりには臭いが抑えられているという特徴があるので、万人に好かれやすい味わいの鶏肉のと言えます。
料理に使う場合にも癖がないので、どのようなメニューにも合いやすく、過剰な味付けをしないシンプルな鶏肉料理にも使いやすい鶏肉となっています。
鶏肉そのものの味わいを楽しめる調理法が知床どりの良さを引き出してくれます。
きちんと健康な親どりを育てるところからスタートしているので、信頼の出来る国産の鶏肉だと言えるでしょう。
大手の会社の直営というだけあり、衛生管理が整っているという安心感もあります。
肉質の特徴としては透明感のある肉色をしており、食べると歯切れの良さがあると言われています。
知床どりを仕入れる時のポイントとしては、まず第一に信頼の出来る卸業者を探すという事です。
肉の味に定評のある知床どりであっても、やはり美味しさは鮮度に左右されるのは当たり前の事です。
美味しい知床どりを購入したい場合には、出来るだけ鮮度にこだわったものを卸してくれる会社を選びましょう。
そのこだわりを見極める為に出来るだけ色々な卸業者とのコミュニケーションを取り、どのようなポリシーを保つ会社なのかを判断する事が必要となります。
コストの面だけで言えば、大量に仕入れればその分値段も安く出来るかもしれません。
しかし、今度は反対に鮮度や品質の心配も出てきてしまいます。
味の面で言えば、こまめに注文すれば鮮度の良い鶏肉を提供する事にも繋がります。
使う量と鮮度、そしてコストを考えながらバランスの良い仕入れ方法を探ると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です