【牛肉】ホルスタイン種の特徴と仕入れのポイント

牛は、牛肉を食べられる他にも内臓系や舌も食べられますし、その乳を飲んだり乳を加工して作られたチーズやヨーグルトなどもあります。人間の食にとってかかすことのできない生き物なのです。

その中でもホルスタイン種は牛肉というよりも牛乳生産を目的としている乳用の種となります。白と黒のはんてん模様で牛としてイメージされるそのままの姿なのがこのホルスタイン種なのです。
ホルスタイン種は正式にはホルスタイン・フリーシアン種と言います。オランダ北部からドイツ西北部で生まれ、品種として成立したのがオランダのフリースランドだからです。古くからある品種です。乳用種としての遠く腸であるくさび型体型で、大型の品種です。乳量が多く、乳脂肪率が低いので牛乳としておいしく飲むことができるのです。ホルスタイン種は搾乳速度の早さも特徴で、乳用種として優れているのです。

ホルスタイン種は、かつては乳用種としての牛のため、牛肉として食べるには臭いがきつかったり脂が黄色かったりといった負のイメージが非常に強くありました。しかしながら、最近は牛肉の需要が高まってくるとともに改良が重ねられてきました。飼育方法もどんどん改善されてきています。そのため、牛肉としても扱われるようになってきています。市販されている弁当であったり安いお肉としてスーパーで特売に使われているものの中にはホルスタイン種が使われていることも多くなってきています。和牛と比べると肉質は劣るものの、安価なところが魅力ですし、赤身肉でヘルシーなので十分おいしくいただけるのです。

ただ、仕入れる際には和牛との違いをよく知った上で利用するのがポイントです。硬くて肉の味が薄いといわれていますがうまく利用すればおいしくいただけます。その味わいをダシとして利用したり、熟成させることでより手軽にその味わいを引き出すこともできます。また飼育方法によっても硬さや味の薄さはある程度改善できます。牛肉として食べるのであれば、それに適した飼育法を行なっているところのものを仕入れるようにしましょう。仕入れサイトを使えば、色々な種類の肉が手に入ります。

牛肉は鶏肉や豚肉と比べてお値段が高くなります。安いのは輸入牛ですが、そうなると品質の面で不安が出てきます。ホルスタイン種であれば和牛に比べて安く、輸入牛と変わらない値段で購入することができながら、国産であれば品質の面でも安心できるのです。弁当屋や焼肉屋など取り扱うお店も増えてきています。知らぬ間に口にしているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です