牛肉を仕入れた後の保存方法について~精肉編~

牛肉を仕入れたら、新鮮さと味を保つためすぐに冷蔵庫に入れましょう。すぐに食べない分は、冷凍しましょう。精肉は空気に触れると酸化し、傷みやすくなりますので、間違った方法で保存してしまうと、せっかくの肉も台無しになります。冷蔵庫によってはチルド室やパーシャル室などがあり、冷蔵室と比べ低い温度設定なので、精肉の鮮度を長く保つことが出来ます。ただし、冷蔵する際、精肉は余分な水気が出るため、冷蔵庫に入れる前にはクッキングペーパーなどで余分な水気をでふき取ってからにしてください。水分を拭き取ることで精肉独特の臭みも取ることができます。また牛肉は特に油を多く含むお肉です。油は空気に触れると酸化し、傷みやすくなりますので、ラップだけでなく、ジッパー付きのビニールバッグに入れてしっかりと密封し、空気に触れないようにするとなお良いです。
ネットの食材仕入れサイトにはお役立ち情報もたくさんあるので、一度見てみることをオススメします。調理方法がすでに決まっている場合は、先に下味をつけたり、ワインに漬けておくなどの下ごしらえをしておくと、保存性が高まり、調理もしやすくなり一石二鳥です。すぐに食べずに冷凍する場合は、必ず新鮮なうちに冷凍しましょう。鮮度の落ちた精肉を冷凍してもおいしくありません。調理する時のことを考えて、1回に使う分量に分けて冷凍すると手間も省けてますし、解凍時間も短くすることができます。冷凍されるまでに時間がかかると肉の細胞が壊れて傷みやすくなりますので、出来れば急速冷凍機能を活用しましょう。急速冷凍機能がない場合は、ラップしたお肉をアルミホイルで包み、ステンレスのトレーなどに乗せて冷凍することで通常よりも短時間で冷凍することが出来ます。
また同じ牛肉でも、種類によって冷凍するときの保存方法が異なりますので、美味しく保つポイントを説明します。まずは、ひき肉です。ジッパー付きのビニールバッグに入れて牛肉を平らにします。平らにしたら1回の使用目安量毎に菜箸などで格子状に筋をつけてから冷凍します。筋があると、使用するときに必要分だけポッキリと簡単に折ることが出来ます。次に薄切り肉です。パックから出した牛肉はクッキングペーパーで水気をふき、重ならないように広げ1回に使う分量ごとに冷凍します。厚切り肉は筋切りなどの下処理をし、同じくラップで包みます。塊肉も同じく表面の水気を拭き取り冷凍しますが、塊だと冷凍までに時間がかかるため、急速に冷凍するために小分けにすると良いでしょう。このように、同じ牛肉でも方法が異なりますので、美味しいお肉を食べるために、是非実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です