松阪牛の特徴と仕入れる時のポイント

松阪牛は、たくさんの特徴あるブランド牛で、松阪地方育った日本が誇る牛肉です。この地方では昔からく、但馬地方(兵庫県)生まれで紀州育ちの若い雌牛を役牛として導入してきました。主に働くために導入されていた雌牛が外国文化の影響も受けて、明治時代以降はそうした役牛を長期肥育することによって、肉質の優れた松阪牛として生産されるようになりました。このような長期間にわたり農家で大切な家族の一員として育てられたからこそ、他の牛とは全くことなる独特の旨みを持ち合わせたブランド牛となり、徐々にその人気は日本中に、そして今となっては世界が認めるブランド牛になるまでその地位を確立しました。人々が手間と時間をかけて丁寧に育てるため、やはりその数には限りがあり、市場への流通がきわめて少ないのも特徴のひとつです。松阪牛の肉質に関する特徴は、きめ細かな霜降りと、まろやかな口どけの良い脂の旨みにあります。なぜなら、松阪牛の脂肪融点はとても低いため、肉はとても柔らかく、ナイフがいらないぐらいに簡単に切ることができます。さらに、赤みの肉の部分には松阪肉の旨みがぎっしりと凝縮されており、甘く深みのある香りと味わいを存分に堪能することができます。松阪牛はどの部位をとっても最高級の味わいが堪能でき、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶなど、いづれの料理にも適した万能性があり、どれでも一級品になります。松阪牛の子牛の仕入れ時にポイントになってくるのは血統です。子牛の血統書には、3代前からの血筋などの情報が記載されており、その血筋によって今後の肉の良し悪しが大きく変わるためです。その血筋によってはさまざまな特徴が成長する過程で如実に現れ、例えば病気に強い牛、さしの良く入る肉質の牛など、私たち人間がそれぞれ異なった性格に成長するのと同様に両親の血筋を引き継いで成長していきます。に飼育の際には常にたっぷりのエサをい与え、常にお腹が満たされているように育て上げます。また松阪牛を育てる過程で大きな特徴としてあげられているのはエサです。なかでも牛が食欲が出るようにビールを飲ませていることは大変有名です。主食である大麦、大豆のかす、トウモロコシなども成長の過程では肉質を考慮してバランスよく与えることも重要になります。時には神経質としてなかなか育てるのが困難とも言われている牛ですが、最高級の霜降り肉の完成までには仕入れの時点で始まっているのです。松坂牛の仕入れも専門サイトを使うと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です