豚肉を仕入れた後の保存方法について~精肉編~

 まとめ買いをした時、お肉の長期でストックされる方も多いのではないでしょうか。正しい肉のストックについて知っておくとお店で購入した時の新鮮でうま味が損なわれていない状態で長く召し上がって頂けます。ところで、精選した上等な食用肉の事を精肉と呼びますが、その保存方法によっては酸化してしまったり、傷みやすくなってしまったりして、せっかくの精肉が台無しになってしまう事もあるので、ポイントを確認していきましょう。食材の仕入れサイトなら、お肉のストック方法の記載もあって、便利です。
 まず購入時、新鮮さと味を維持する為に鮮度の高いものを選び、購入後はすぐに冷蔵庫に入れる様にします。肉を美味しく食べるに当たって冷蔵庫でのストック期間に留意する必要があります。実は豚肉は、鶏肉に次いで冷蔵保管期間が短く、一番長いのは牛肉と言われています。また、同じ精肉でも豚肉の部位によってその期間には差があり、ひき肉や合いびき肉、内臓肉はその日に使い切る様にします。そして、スライスや切り身は2日まで、ブロックは3日までを目安に使い切ります。さらにすぐに食べない分の豚肉については、購入後すぐ冷凍する様にします。
 冷蔵庫での精肉のストックには幾つかのポイントがありますが、まず保管場所ですが、チルド室やパーシャル室と呼ばれる、特定の低温室で保存する様にします。実はこの場所は、食材の鮮度が保たれる様に通常の庫内の温度設定よりも低温になっているのです。そして、冷蔵庫にいれる前に豚肉の余分な水分をキッチンペーパーでふき取る様にしますが、こうする事で臭みも防げるのです。続いて、空気に触れて痛まないようにラップでぴったり包み、保存バッグに入れます。あるいは、味噌や醤油等の調味料で下味をつけたり、ワインに漬けておいたりする事で傷みにくくなり、調理も容易になります。
 次に、豚肉を冷凍庫でストックする場合のポイントですが、始めに新鮮な精肉を冷凍する様にします。鮮度が低下した肉を、冷凍してから解凍すると、味が落ちてしまいます。そして、調理時の事も考えて、肉を小分けにしてから冷凍するのもコツです。1回ずつ使う量に分けてから冷凍する事で、解凍時間の短縮にもなります。肉をパッケージのまま冷凍して赤い汁が出ているのをご覧になられた方もいるかもしれませんが、豚肉も他の肉と同様に、じっくり冷凍していくと細胞が破壊されて水分が流出してしまいます。美味しさを損なわない様に、庫内の温度設定を下げ、例えば食材を金属製の容器に載せる等、温度が伝わりやすい様にする事で急速に冷凍出来、豚肉の本来の鮮度とうま味を維持できます。加えて冷蔵ストックと同様に、空気に触れさせない様にする、調味料で下ごしらえをして置く、といった事も大切なコツです。そして置いておいた肉は、2~3週間以内に使い切る様にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です