平牧三元豚の特徴と仕入れる時のポイント

食用に品種改良された豚は、純粋種が単独で食用になる例は現在ほとんどありません。3種類の品種を掛け合わせて1代限りの雑種として出来上がったのを三元豚といいます。1代限りで子孫は作りません。三元豚は各品種の良いところを併せ持った豚です。産地の名前を付けて、おのおの、自慢のブランド豚が生産されています。平牧三元豚は山形県酒田市の平田牧場の傘下の契約農場が生産している三元豚です。平牧三元豚の特徴は、1964年の創業以来、飼料に遺伝子組み換えでない植物製飼料であるトウモロコシや大豆粕を使用しています。肉骨粉などの動物性たんぱく質を与えていません。肥育を200日~240日として、一般の豚の飼育より20日から40日長い時間をかけて育てています。豚舎も一般のものより広く、開放的でのびのび1頭1頭に愛情をかけて育てています。生後120日以降は抗生物質を出来る限り使用していません。飼料は国内自給率をアップするために日本のコメをも飼料として使っていて、コメ育ち豚として飼育しているのが特徴です。平牧三元豚の味わいの特徴は弾力がありコクがあります。仕入れのポイントは、まずは通販があります。自宅に直接送ってもらう場合は通販が利用できます。しゃぶしゃぶ肉、味噌づけ肉、ソーセージなどをご自宅まで直接冷凍や冷蔵でお届けしています。日本全国に直営店もあります。直営店の特徴は直営店ならではの自慢の品質と品ぞろえで、精肉、生ハム、ソーセージ、とんかつなどメニューの一例として、ロースカツどん、ヒレカツどん、ロースかつ膳、ロースカツカレーなどがあります。平牧三元豚を仕入れているお店は東京ミッドタウン、日本橋をはじめ日本全国にあります。平牧三元豚の平田牧場は大手スーパーとの取引は断っており、生活クラブという生協とのみ契約しています。飼育か流通まで一貫した自社で責任を持ったこだわりのシステムが特徴です。美味しくて安全な平牧三元豚を全国の皆さんに安心して食べていただきたいというこだわりが生きています。食材の仕入れに特化したサイトやホームページで詳しく調べることが出来ますのでご覧ください。通販で美味しい平牧三元豚をできる限りお安く全国のかたがたに食べていただきたいと考えています。ぜひ一度通販で、そして直営店で、本物の平牧三元豚の味をお楽しみください。また、平田牧場では平田金華豚という自慢の品もあります。高級で繊細な、牛肉にまけない味わいです。ぜひこちらもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です