あぐー豚の特徴と仕入れる時のポイント

あぐー豚は沖縄県の琉球在来豚です。沖縄で飼い続けられてた小型の島豚が由来となっています。
あぐー豚の肉質の特徴は、霜降り肉で脂に旨みと甘みがあり、一般的に売られている豚肉よりも肉質が良いと評価されています。
うまみ成分であるグルタミン酸が通常の豚に比べて約3倍あり、噛めば噛むほどに旨みが染み出てきます。それが一度たべたらやみつきになるのがあぐーの特徴です。
アミノ酸も多く含んでいて疲労回復にも効果があります。
そして、あぐー豚はコレステロールが一般の豚と比べて四分の一という数値がでています。脂身は甘いですがそのほとんどがコラーゲンなので女性に人気です。
あぐー豚を仕入れる時は一頭買いがおすすめです。部位で仕入れるよりも安価で仕入れができます。
そして沖縄の認定されたところからの購入が安心で安全です。
希少価値のあぐー豚なのでむずかしいですが食肉卸売業や食肉処理業の業者から購入することも可能です。
どこの部位を使って、どんな料理にするかを考えて購入することがポイントになります。
バラは脂が多いのが特徴ですが、あぐー豚を味わうのに一番最適かと思われます。
厚く切って塩こしょうとごま油で焼いて野菜で巻いて食べたら、あぐーの特徴がわかります。
ロースなら、しゃぶしゃぶで食べると、あぐーの甘い脂も感じられます。
部位によって旨みが変わってきますので、部位の特長を生かして最適な調理法をすることが重要になってきます。
あぐー豚もブランド豚で注目を浴びていますが、他にもブランド豚が生み出されていますが、銘柄によっても特徴や味が変わってきます。
お店のメニューやコンセプトによって、どの豚にするのかどの部位にするのか判断して購入することが重要です。
そして、365日配送が可能なのか、小ロットでも注文が可能なのか、要望に応じての加工が可能なのか、卸会社を選定するポイントはたくさんあります。
まずは、取り扱いたい部位、量、品質、価格を豚肉に強い卸会社に伝えてみることがいいでしょう。最近ではネットに特化した食材卸の業者も存在するようです。
あぐーは人気なうえに、数も少ないので、早めに問い合わせしたほうがいいですね。
まずは、あぐー豚のおいしさを味わいたいですね。
ヘルシーなのに美容にいい豚の脂です。コレステロールも気にしないで食べられますし、豚のバラ部分はプリンも少なくて安心して食べられます。
あぐーを使ったハンバーグもありますが、肉汁が広がります。一番人気はやっぱり、しゃぶしゃぶでしょう。ふわっと、とろける、あぐーを是非一度どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です