房総ポークの特徴と仕入れる時のポイント

房総ポークは千葉県の販売促進協議会が指定した農場で育てられている特別な豚肉です。海と山に囲まれた温暖な地域の自然環境の中で伸び伸びと育った豚はすっきりした旨みが特徴で、豚肉特有の臭みがないので豚肉が苦手な人でも食べやすくて人気が高まっています。

房総ポークの一番の特徴は専用のエサを使用していることです。海に面した房総半島の特権を活かして海藻粉末を飼料に加えていて、更にビタミンEも添加した植物性100%の飼料なので豚が健康的に育ち、ビタミンやミネラルをたっぷり含んだエサをたっぷり食べてお肉もおいしくなります。特に肉の味が左右される出荷60日前には専用のエサだけを与えるようにしているので味と香りがよくて色もきれいな上質なお肉に仕上がるのが特徴です。

指定された生産農家は豚にストレスを与えないように大切に育てているので、房総半島の太陽をたっぷり浴びて健やかに飼育が行われています。おかげでお肉と脂質のバランスがよくて、脂身はジューシーでお肉は臭みがなく柔らかくなってどんな料理にも合う上質な豚肉ができます。

房総ポークは販売店舗が決まっていて、精肉と加工品で扱いが違うので欲しい商品に合わせて仕入れる店を選ぶのがポイントです。とんかつやポークステーキなどに使いたいなら生産農場から直接仕入れたり、生肉を販売している業者にあらかじめ欲しい部位を伝えておけば上質な房総ポークが手に入ります。ソーセージやハム、サラミなどに加工した商品を使いたいなら加工品を扱っている業者や卸売店、農場の直売所などを利用するのが便利です。加工品も質が高いことで知られていて、臭みがなくてマイルドなハム、ソーセージ、ベーコン類は豚肉が苦手な人でもおいしく食べられて、業者ごとに違うスパイスを使っているのでいろいろな味の種類があるのが特徴です。

豚肉は肉と脂のバランスが大切ですが、房総ポークは程よい霜降り加減で脂っこい感じがなく意外とあっさり食べられるのが特徴です。専用のエサのおかげで栄養のバランスがよく育っているのでお肉もビタミンやミネラルがたっぷり含まれていて健康です。クセのない味なので、シンプルなソテーや焼肉、煮込み料理、ソースやタレを使ったアレンジやマリネ、ハムやソーセージへの加工などどんな料理とも相性がよくて、幅広いジャンルに使えます。安全性にもこだわってしっかりした管理の下で生産されているので、安心して食べることができます。
房総ポークをお得に仕入れるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です